HOME施工実績新築 >無添加住宅 新築のお客様 ロングインタビュー

無添加住宅 新築のお客様 ロングインタビュー

インタビュアー(以下、イ):今日は、イーグル建創で無添加住宅を建てたK様に、建てたきっかけ・1年間お住まいになっての住み心地や良かったと思う所をお聞きしたいと思います。そもそも、イーグル建創・無添加住宅を知ったきっかけは?

お客様(以下、K様):イーグル建創さんは、ここの前の家を直していただいてお世話になっていました。無添加住宅のモデルハウスができたということで遊びに行ったのが、無添加住宅を知ったきっかけです。

イ:モデルハウスで気に入って、こちらを建てたということですか?

K様:気に入ったんですけれど、建てるということは全く考えていなくて、でも、一部だけ試してみたくて、前の家の洗面所だけを無添加住宅でリフォームしていただいて、それを使ったら、すごく空気も違って快適だったので、全部が無添加住宅になったらすごく良いだろうなと思って、ご相談しました。もう、色々な大変なこともたくさんお手伝いいただいて、やっと造るに至りました。

イ:最初のリフォームからこちらの家の着工まではどのくらいの期間がかかりましたか?

K様:1年もかかっていません、半年くらいです。

イ:実際の設計や工事の進め方はいかがでしたか?


K様:自分がこうしたいという希望をたくさん出して、その中でなるべく沢山の希望を盛り込んでいただきました。設計のことは分からないのでお任せしたのですが、私の好きそうな雰囲気を分かっていただいて、すごく満足です。

イ:リクエストした部分はどこですか?

K様:明るい家にしたいという希望はありました。あとは海が好きなので、貝殻などを壁に付けてほしいとか、クローゼットを広く部屋に併設してほしい、などたくさんお願いしました。他にはない家にしたいという夢を現実にしてもらいました。

イ:2階のお部屋の壁にあるタイルはどちらで手に入れたんですか?

K様:当時は自由が丘という町で働いていたので、かわいいインテリアショップがたくさんあって、そこで見つけました。これが家についていたらいいなと思って買って、「これを付けてください」とお願いをしました。

イ:打ち合わせをしていた時に、できあがりが想像できた時には楽しくなると思いますが、どんなところが思い出に残っていますか?

K様:全部楽しかったんですけれど、造りはじめるまでが特に楽しかったです。一番最初の設計図と最終的に出来上がった家は、土地の規制などの関係で初めと違う形になって、そういうこともあるんだと分かり少し残念だったんですけれど、出来てみたらこれはこれですごくかわいいので気に入りました。

イ:実際に住まわれてからのことをお聞きしたいと思います。それまで住んでいた家との大きな違いはどこでしたか?

K様:空気が気持ちいい。言葉で伝えづらくて、住んだ人しか分からないと思うんですが、快適なんですよ。なので、もし今から元の家に住むと考えると嫌になると思うくらい、気持ちいいんです。

イ:どういうときに感じますか?

K様:朝起きたときです。湿気がないんです。前の家は湿気が多くて、カビが生えたりとかがあったんですけれど、そういうことがなくてジメジメした感じがしない。今は乾燥している季節ですけれど、乾燥している感じがないので、息苦しくない。花粉症もつらくなく、症状がひどくなりませんでした。


イ:昨年の夏はものすごく暑かったですが、家の中の様子はいかがでしたか?


K様:暑くないわけではなくて、暑いんですけれど、エアコンをすごく使ったという記憶はないです。夜はエアコンは消して寝ていましたが、全く問題ありませんでした。

イ:この冬はいかがですか?

K様:実は今日は靴下をはいているんですが、いつもは裸足で生活しています。1階のエアコンをつけたのは今日で2回目です。

イ:もう少しこうしておけば良かった、という所はありますか?


K様:たくさんあるんです。もっと広くすればよかったとか、客間を作ればよかったかなぁとか、誰か来た時に泊められたのになぁとか。みんな呼びたくなってしまうので。


イ:イーグル建創に対して、10点満点で何点ですか?


K様:10点です。


イ:担当の町田の対応はいかがでしたか?


K様:10点です。何でも相談に乗ってくれますし、ダメなときは、こういう理由でダメというのをちゃんと言ってくれますし。家づくりは本当にわからないことばかりで、町田さんがいなかったらできなかったと思っています。感謝しています。


イ:無添加住宅を考えている方へ、メッセージをお願いします。


K様:家が明るいことと、しっくい壁の空気の良さは住んでみないとわからないので、迷ったら絶対やった方がいいです。健康的になれるのでおすすめです。

 

イ:メンテナンスについても町田から色々教わっていらっしゃるんですよね。

K様:さっきも、2階の床を磨いていました。

町田:竣工撮影の前日の夜に、コーヒーをこぼしたと聞いて慌てたこともありました。

 

イ:でも、キレイになっていて分からなかったです。

K様:何かこぼしたらすぐに拭くようにしています。

町田:汚ごしても、拭けばいいし、削ればいい。漆喰ってそこがすごいですよね。

 

イ:設計上でこだわったところはどこですか?

町田:吹き抜けです。吹き抜けが無かったら1階は暗いと思います。この光ががあるだけで部屋の印象が全く変わります。

イ:吹き抜けの良さって、開放感だけではなく明り取りとして実用性があるんですね。

町田:1階は明り取り。空気が家の中を循環するので、2階の部屋干しコーナーの洗濯物もよく乾きます。

イ:吹き抜けというと、暖房が効きにくいイメージがありますが。

K様:リビングで暖房を付けると2階まで暖かくなり、逆に省エネです。2階のシーリングファンは、冷房を付けたときに冷気が循環するし、暖房の時には逆回転して暖かい空気を下に戻す。そのためにつけて
いただいて、とても活用しています。

イ:洗濯物はよく乾きますか?

K様:すごくよく乾くので、ほとんど外に干すことが無くなりました。夜帰ってくるのが遅いので、部屋干しは助かっています。臭くならないのもいいですね。

町田:しっくいの雑菌を繁殖させない力のおかげですね。

 

町田:家自体そんなに大きくないのですが、それでも家族二人が動きやすい、快適に暮らせる動線と、収納を広くしました。


K様:遊びに来た方に「物少ないわね」って言われるんですけど、見せたくないもの、トイレットペーパーのストックとか、雑然とした物は収納しているから、物が少なくてきれいにしているという印象になる。それはすごく助かります。


イ:遊びに来た方は、どこに感激されますか?


K様:どこがということではなく、このお家全部が可愛いって、いちいち可愛いって言ってくれます。「すみません、いちいち可愛くしたんです」って言います。


イ:キッチンも可愛くて、おすすめですよね。


K様:可愛いだけじゃなくて、使い勝手がいいんです。コンパクトで動線も、動きやすいです。台所の天板もキラキラして、宝石みたいで可愛いんです。

 

K様:このダイニングテーブルは、丸くてぶつからなくておすすめです。

町田:このテーブルも階段の手すりと同じで、アイアンの脚をオーダーで作りました。

K様:食事をしている時に、ここから庭を見ると、お隣りが丸見えなので、そこの目隠しを作りたいと思っています。

町田:あまり懲りすぎずに、木材で目隠しするのがいいと思います。

イ:素敵なお庭ですね。

町田:庭は、専属のタイル屋さんにイメージを伝えて、デザインしてもらいました。とてもセンスが良いんです。

イ:お庭がさらに良くなるのが楽しみですね。今日はありがとうございました。